• トップページ
  • イベント情報
  • ケンコーホームの想い
  • 住まいの特徴
  • 商品ラインナップ
  • モデルハウス
  • 施工事例
  • お客様の声

 

暖冬涼夏の家

環境調和を住まいの形にしたら...(下の□をクリックしてください!)

四層構造の住まい 省エネの住まい 高断熱・高気密の住まい 自然を多用した住まい 計画換気の住まい 2×4工法の住まい

特徴6.2×4の住まい

ツーバイフォーとは

ツーバイフォー工法の原型ともいうべき札幌時計台 ツーバイフォー住宅は、19世紀初めの開拓時代に北米で生まれたと言われています。ツーバイフォー工法の原型は、少ない木材で合理的に建てられ、厳しい自然から生活を守ることができる家が求められた結果、誕生しました。

以来、改良を重ねていき、現在では北米(アメリカ・カナダ)の木造住宅の90%以上がツーバイフォー工法による住宅と言われています。

今や国際的な住宅として広く普及しているこのツーバイフォー工法の原型ともいうべき工法が、日本にはじめて登場したのは明治時代になります。その代表的なものが、あの札幌の時計台です。北海道の厳しい自然の中で百年以上の時を経て、今なお時を刻むその姿はツーバイフォー工法の優れた性能が日本でも十分に発揮されることをみごとに実証しています。

ツーバイフォー工法の特徴

軸組工法とツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、日本古来の軸組工法とは構造的にまったく異なる考え方に基づいた建築工法です。そのもっとも大きな違いは、建物の重さをどのように支えるか、という点にあります。

軸組工法では基本構造となる柱や梁によって建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では床・壁・天井を構成して建物を支えています。つまり、軸組工法は「線」によって、ツーバイフォー工法は「面」によって構造を支えることを基本にしているのです。

耐震性

世界でも有数の地震国といわれる日本の住宅にとって、優れた耐震性は不可欠な基本性能です。数ある建築工法の中でも、地震に対して抜群の強さを発揮する工法として知られるツーバイフォー工法は、床・壁・天井の6面が一体となった構造により、地震の揺れを各面で効率良く吸収し、負荷が一部分に集中することを 防ぎます。

揺れを面全体で受けとめるツーバイフォー住宅

ツーバイフォー住宅は、実際に阪神大震災でも驚異的な強さを実証しています。震度7という激震による家屋の被害は全壊約10万1000棟、半壊を含めた一 部損壊が約28万9000棟以上(H7年4月24日の自治省消防庁発表より)となりました。その中で、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に 補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ったことがわかっています。この事実からも住まいの耐震性がいかに大切であるかがわかります。

耐風性

ハリケーンタイ(1) ハリケーンタイ(2)
<ハリケーンタイ>

ツーバイフォー工法の構造は、台風や竜巻による強風に対しても地震の場合と同様に優れた強度を発揮します。台風以上に強烈で大きな被害をもたらすハリケー ンに見舞われる北米大陸で生まれただけに、強風に対する独自のアイデアが採用されています。たとえばそのひとつが"ハリケーンタイ"と呼ばれるあおり止め 金物です。このハリケーンタイは屋根のたる木と構造壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。

この他にもツーバイフォー工法ではそれぞれの部位に応じた最適な補強金物類が使用されており、強風に対しても万全の対策を施しています。

耐火性

温度に対する材質の変化率/表層部が炭化して強度が保たれている木材

一般的に木は火に弱い素材と考えられています。確かに木材は燃えやすい性質を持ってはいますが、ある程度の太さや厚さがある断面の大きな木材は、いったん燃えると表面がこげて炭化層をつくります。このため内部まで火が進行せず、強度が低下しにくい性質を持っています。

木材と鉄骨の耐火比較



これに対し、火に強い素材と考えられている鉄は550℃を超えると急速に柔らかくなって変形、その強度が大幅に低下し、住宅の場合では骨組みが崩れ落ちてしまうことにもなりかねません。

木は火に強い。700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは明らかな事実として確かめられています。

ファイヤーストップ構造

火は空気の流れに沿って燃え広がっていきます。この性質から住宅の火災では床下や壁内部の隙間、天井裏が火の通り道となるケースが多く見られます。 しかし、ツーバイフォー工法では火の通り道となる床や壁を構成する構造材などがファイヤーストップ材となり空気の流れを遮断、火が燃え広がるのをくい止め ます。

また、床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部の構造は、防火区画がいくつもつくられているのと同じ状態。このひとつひとつの区画によって火の進行はさらに遅くなります。

このように二重三重の防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」によって、ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

ツーバイフォー工法ではすべての天井や壁の内側全体に、厚さ12.5mm以上の石こうボードが貼られます。この石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約25分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。

ツーバイフォー住宅の耐火性についての実験は数々行われています。それらの実験結果から、ツーバイフォー工法の耐火性は高い評価を獲得し、ツーバイフォー工法で建てられるほとんどの住宅が住宅金融公庫における省令準耐火構造に認定され、火災保険料も割安になっています。

省エネルギー性(断熱性・気密性)

近年、地球環境の保全という観点から"省エネルギー化"が進んでいます。 ツーバイフォー工法は、木造住宅の中でもその面構造により優れた断熱性・気密性を持っている為、省エネルギー住宅を実現する代表的な工法です。

ケンコーホームではその断熱性を高め、その効果を持続させるためにウレタン断熱を使用しています。ウレタン断熱は、断熱材として一般的に使用されているグラスウールの約2倍の断熱性能を持っています。

お問い合わせ

お気軽に下記項目よりお問合せ・資料請求ください。
ご家族の家づくりの不安を解消いたします!

お電話からのご相談も受け付けております。お気軽にお問合せください!

フリーアクセス 0120-48-5022

受付時間:午前9時~午後7時 定休日:水曜日

ページの一番上に戻る