• トップページ
  • イベント情報
  • ケンコーホームの想い
  • 住まいの特徴
  • 商品ラインナップ
  • モデルハウス
  • 施工事例
  • お客様の声

 

はじめよう家づくり!-住宅ローンについて

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには、大きく元利均等返済方式と元金均等返済方式の2つがあります。

特徴とメリットおよびデメリット

特徴とメリットおよびデメリット

返済総額の違いは?

住宅ローンは借入金額が大きいため、返済期間も長期になる傾向があり、返済方法によって、返済総額にも大きな違いがでてきます。

例えば、3,000万円を30年間で返済する(金利3%、ボーナス返済なし)場合

3,000万円を30年間で返済する(金利3%、ボーナス返済なし)場合

このように両者を比べると、元金均等返済方式は、毎回同じ金額ずつ元金が減っていくので、元利均等返済方式よりも支払利息の総額は少なくてすみます。
しかし、だからといって安易にこの返済方法を選ぶのは慎重にしたほうがいいといえます。返済当初の負担が多いために返済計画に無理が生じる可能性があるからです。年収の安定度や子供の教育費負担なども含めて収支を返済開始後10年分は予測しておくことが必要でしょう。

また、元利均等返済方式でも、一部繰上返済を早め早めに実施していけば、元金均等返済方式に相当するくらいまで支払利息を軽減することもできます。なので、長期にわたって無理のない計画的な返済をしつつ、支払利息を少しでも軽くしたいなら、元利均等返済方式で一部繰上返済を併用していく方が返済しやすいといえるでしょう。

お問い合わせ

お気軽に下記項目よりお問合せ・資料請求ください。
ご家族の家づくりの不安を解消いたします!

お電話からのご相談も受け付けております。お気軽にお問合せください!

フリーアクセス 0120-48-5022

受付時間:午前9時~午後7時 定休日:水曜日

ページの一番上に戻る